卒業式でもらった印鑑

印鑑メージ

私の住む町では、中学校を卒業する時に印鑑が贈られます。
それが、私にとってのはじめての印鑑でした。立派、とは言い難い、いわゆる三文判なのでしょう。

それでも、なんだか大人になったような気がして、こそばゆいような、うれしいような気持で、意味もなく、ためしに何度も印鑑を押した覚えがあります。

中学卒業記念の印鑑は、実印になるような立派なものではありませんでした。
せいぜい認め印として使えるようなものです。

社会人になり、職場で使い、宅急便を受け取る時に使い、色々な場面で中学卒業記念の印鑑を使い続けてきました。
それは、私が結婚し、姓を変えるまで続いたのです。

結婚後は相手の姓を名乗ったため、その印鑑を使うことはなくなりましたが、どうしても捨てることができず、今でも大事に取っておいてあります。

子供達も中学を卒業する時に、記念に印鑑を送られました。子供たちにとってのはじめての印鑑です。

子供らがはじめての印鑑にどんな風に思いを寄せているかは分かりませんが、彼らあての宅急便が届いた時には、自分の印鑑を持って玄関に走って行くようになりました。
その様を見て、確実に親離れをしてきているということを感じずにはいられないのです。

私をはじめ、結婚し、家庭に入ってしまった女性は、なかなか自分の実印を持つことはありません。
結局私は、自分の実印を持つことはありませんでした。

でも、子供達は、この先、自分の実印を持つこともあるでしょう。その時、どんなことを思うのでしょうか。
認め印でさえ、はじめての印鑑は、自分に大人としての自覚を持たせました。
それが実印となれば、さらなる大人としての自覚と責任を感じるようになるのではないでしょうか。

【PR】結婚や成人のお祝いに、印鑑を贈りませんか?

学校を卒業した時に貰った印鑑が、初めての印鑑だった・・、そんな声も多くお伺いいたします。
もちろん記念にいただいた印鑑は、思い出とともに大切な印鑑だと思いますが、社会で長く使うには、少し耐久性にも心配がありますよね。
印鑑卸売市場では、定番の柘からチタンまで、豊富な品揃えをご用意しています。
プレゼントにも喜ばれる印鑑セットはこちらから

印鑑を通販する
http://www.accist.com/

市役所ナビ | 履歴書や職務経歴書はとても重要です
http://asoblab.jp/

ページの先頭へ