悪用されないために

印鑑イメージ

印鑑とは、契約時においてはあなた自身を証明するとても大切なものです。
中でも実印は家を購入する時、自動車を購入する時など大きな契約をする際に必ず必要となってくるとても重要な印鑑です。
保管する場所にも保管の仕方にも気を付けたいものですよね。

印鑑は意外とデリケートで、作られた素材によってはしっかり手入れをしていないと壊れやすく、欠けやすくなってしまいます。
で作られたものが多い印鑑ですが、最近では金属製の印鑑も多く販売されています。
それは壊してしまう人が多いのを裏付けている気がしてなりません。

銀行に登録している印鑑を何度も失くしたり壊したりすると、その信用が疑われると聞いたことがあります。
印鑑の管理はしっかり行い、盗まれたり、紛失したりしないように、取扱いには十分に気を付けたいものです。

万が一、失くしてしまった場合は、すぐに印鑑を登録している全ての場所に連絡しましょう。
落としたり、盗まれてしまった印鑑を悪用される可能性も十分にあり得ます。
連絡するのが面倒で連絡しないという方もいるようですが、それはとても危険です。

それが例え認印であっても悪用される可能性があると聞いたことがあります。必ず連絡しましょう。
失くしたり、盗まれる可能性が高くなってしまうので、印鑑を使わないのに持ち歩くのもお勧めできません。

使う時だけ持ち歩き、計画的に使用しましょう。重要な役割を果たす印鑑です。
私も大切に保管して、失くしたり、壊したりしないように気を付けて行こうと思います。

ページの先頭へ